本文へスキップ

日本総合探偵事務所 南大阪 浮気調査専門 大阪 探偵 大阪にて探偵事務所をお探しの方はご連絡下さい!    日本総合探偵事務所 南大阪地区を中心に調査を実施 当事務所の浮気調査に特化した部門です。

TEL. 0120-078-305

〒542-0081 大阪市中央区南船場3-1-7 日宝東心斎橋ビル303

 お困りの方はすぐに、無料相談へお電話下さい。
 日本総合探偵事務所 南大阪 0120-078-305
 大阪地区で探偵をお探しの方は
 当探偵事務所の南大阪部門へ!

児童虐待防止

「児童虐待を見逃していませんか」

見逃していませんか、幼い子供のSOS

日本では「child abuse−チャイルド・アビューズ−子ども虐待」と使っています。
しかし、子育てに苦悩し、解決策が見つからず、わが子に手を挙げてしまうような保護者のことを考えると、「虐待」はきつい感じを受ける言葉です。チャイルド・アビューズは、子どもの濫用と訳すことができ、「虐待」とせずにもっと柔らかな表現にできなかったのかと疑問に思うところです。
専門家たちの間では「不適切な関わり−maltreatment−マルトリートメント」という言葉を使うのがいいのでは、という考え方もあります。虐待よりも広義で、家族外からの不適切な関わりも含む言葉とされています。しかし現状では、なかなかよい言葉が見つかりません。
心配されるのは、「虐待」という言葉を使うことにより、一生懸命に育児してきた日頃の努力を、すべて否定されたと保護者が感じてしまうかもしれないことです。迷っていること、困っていることについて「ひとつひとつを一緒に解決していきましょう」という気持ちで、周囲の人たちは接することが大切だと思います。
しかしケースによっては、あなたがしていることは子どもへの虐待なのだ、と伝えることが気づきにつながることがあります。そして、子どもへの行為が沈静化することもあります。
児童相談所や保健師さんなどに専門的に相談に乗ってもらうこと、子ども虐待防止の電話相談に電話して話を聞いてもらうことなど、保護者自身も、地域の方々も、抱え込まずに誰かに相談するようにしましょう。
オレンジリボンからの引用

「最近多発している子供達の陰湿ないじめ」

近年陰湿ないじめで深い心の傷に悩まされている子供が増えています。ゲーム感覚で集団いじめ・自殺ゲーム・恐喝・万引きの強要等、親の監視範囲から離れて行われています。
あなたのお子様は大丈夫ですか?

オレンジリボン